©2019 by 熊本県くすのき園. Proudly created with Wix.com

熊本県くすのき園

熊本県八代産のい草にこだわり。

こだわりの「モノ」をつくり続ける。

 

​い草で「モノ」をつくる

私たちの​「モノ」づくり

熊本県くすのき園は、1981年の

設立以来、熊本県八代産のい草に

こだわり、「モノ」づくりを続けています。

私たちがつくる「モノ」は生活スタイルと

ともに変化してきました。家に和室があって

当たり前の一昔前は、い草製品も

身近でした。その頃は、和室の畳の上に

敷く、6畳や4.5畳の敷物、

布団サイズの寝ござをなど、

大きな製品を主につくっていました。

それから、家に洋室が増えていくにつれて、

大きな製品の需要は減り、クッションや

枕などに小さくなり、いまでは、

コースターなどの小物雑貨をつくっています。

私たちの「モノ」づくりは手間がかかり、

効率的ではありません。

しかし、熊本県八代産のい草を使って

喜んでいただける「モノ」をつくるという

こだわりはそのままに「モノ」づくりを

続けています。

熊本県くすのき園とは

​熊本県くすのき園は、障がい福祉サービス事業所で就労継続支援B型事業を運営しています。就労継続支援B型事業は、障がい者の方々に生産活動を行っていただく場を提供することが主な事業内容です。熊本県くすのき園では生産活動のひとつとして、い草製品の製造に取り組んでいます。

 

​原草(げんそう)

製品の材料となるい草のことを「原草(げんそう)」といいます。

私たちは、熊本県八代産のい草にこだわり、すべての製品を八代産い草100パーセントで製造しています。

白く見える原草は一般的な畳に使用されるものと同じです。

い草は収穫後に「泥染め」という加工をすることで、独特な香りや風合いを持ちます。

色が着いたい草は「染めい」といい、泥染めをしたい草を染色したものです。

 

​製織(せいしょく)

原草を織機(しょっき)という機械で織る工程です。

原草は乾燥しているため、製織に必要な柔軟性がありません。

そこで、製織する前に原草を水に浸けて水分を含ませ、柔軟性を持たせます。

私たちが使用する織機は花莚(かえん)織機というものです。

​構造が複雑なため、きれいな製品を織るのは容易ではありません。

 

​仕上げ

製織した生地を商品化する工程です。

すべて手作業のため、短期間で大量に生産することはできません。

だからこそ、一つひとつ丁寧に仕上げることにこだわっています。

私たちのい草製品は、天然の材料を使い、手作業でつくります。

同じように見えても2つと同じものはありません。

それも、私たちの製品の魅力です。

 

​私たちがつくる「モノ」

​~製品紹介~

コースター①.JPG
DSC04217_edited.jpg
DSCN0798.JPG

​い草コースター

カラフルない草を使い、鮮やかな 

チェック模様に織りあげました。

​サイズ:たて約9㎝ 

   よこ約9㎝

​  1枚(税込110円)

5色1組(税込550円)

​ランチョンマット

染色したい草を使い、シンプルに

織りあげました。       

  サイズ:たて約30㎝  

      約45㎝  

1枚(税込1,100円)

​くまモン柄織りコースター

くまモンの柄を織込んだコースターです。             

サイズ:たて約9㎝

      よこ約9㎝  

1枚(税込290円)

 

お知らせ!!​

Instagramで活動や製品の情報を発信していきます!!
フォローや「いいね!」をお願いします!!
コメントもお待ちしています!!

 
 

お問い合わせ

商品のご購入

社会福祉法人 熊本県社会福祉事業団

熊本県くすのき園

〒869-0524

熊本県宇城市松橋町豊福2832

TEL:0964-33-5515

FAX:0964-33-5515

 
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now